PROGRAM

the HALL9/1 (sat) daytime SOUNDSCAPE OPEN 11:30 / START 12:30

R+R=NOW
ロバート・グラスパー、テラス・マーティン、クリスチャン・スコット、デリック・ホッジ、テイラー・マクファーリン、ジャスティン・タイソン

ジャズ、ヒップホップ、R&Bなどジャンルを超えて活躍する現在のミュージックシーン最重要アーティストであるロバート・グラスパーが東京JAZZ初登場。そのグラスパーが中心となり、ケンドリック・ラマーのプロデューサーとしても知られるテラス・マーティンらと結成したスーパーバンドがR+R=NOW。「今」のジャズを聴きたいなら、そして音楽の未来を感じたいなら見逃せないステージ!

R+R=NOW

ロバート・グラスパーやテラス・マーティンをはじめとする音楽業界で耳目を集める気鋭のアーティスト6名が結集したスーパーバンド。グループ名であるR+R=NOWは「Reflect + Respond = NOW」という意味で、「アーティストの役目は時代を反映させることだ」という伝説のシンガー、ニーナ・シモンの信念にインスピレーションを得て生まれた。

ロバート・グラスパー(key, rhodes)

ジャズピアニスト、プロデューサー。2012年『ブラック・レディオ』がグラミー賞の最優秀R&Bアルバムを受賞。ジャズ、ヒップホップ、R&Bなどジャンルを超越して音楽ファンを魅了し続ける稀代のアーティスト。今のミュージックシーンを語る上で最重要アーティストと称される一人。

テラス・マーティン(sax, vocoder,key)

サックスをはじめとするマルチ奏者であり、ジャズ界にとどまらない様々なジャンルの人気アーティストに楽曲を提供している世界で最も注目されるプロデューサーの一人。ドクター・ドレ、スヌープ・ドッグ、ケンドリック・ラマーをはじめ、ヒップホップ界のビッグネームからの信頼も厚く、ジャズ、ヒップホップ、R&Bなど各ジャンルを繋ぐキーマン。

クリスチャン・スコット(tp)

ルイジアナ州ニューオリンズ出身。次世代をけん引する気鋭のトランぺッター。伝統を重んじながらも、斬新なアプローチで実験的なサウンドを生み出す才気溢れるミュージシャン。

デリック・ホッジ(b)

プロデューサーや作曲家、マルチ奏者としての顔を持つ敏腕ベーシスト。「ロバート・グラスパー・エクスペリメント」に加わり、『ブラック・レディオ』がグラミー賞を受賞。次世代を担うベーシストとして頭角を現す。

テイラー・マクファーリン(key, electronics)

ジャズ界の大御所シンガー、ボビー・マクファーリンを父に持ち、音楽プロデューサー、DJ、そして様々な楽器を自在に弾きこなすマルチ奏者としても活躍している。多彩な音楽性を内包し、ヒップホップの要素も取り入れたサウンドで各方面から熱い視線を注がれる若き才能。

ジャスティン・タイソン(ds)

ロバート・グラスパー、エスペランサ・スポルディングなどグラミー賞受賞のアーティスト達から信頼される稀代のドラマー。

the HALL9/1 (sat) daytime SOUNDSCAPE OPEN 11:30 / START 12:30

コーネリアス

世界各地に熱狂的なファンを持つコーネリアスこと小山田圭吾は89年、フリッパーズギターのメンバーとしてデビューし、バンド解散後 93年、Cornelius(コーネリアス)として活動開始。自身の活動以外にも、METAFIVEでの活動や、国内外多数のアーティストとのコラボレーション、プロデュースなど幅広く活躍。ライブは、演奏とスクリーンに投写した映像、照明が完璧にシンクロしたアーティスティックな独特の世界が展開し、世界各地で大きな反響を呼んでいる。数々の国内外フェスに出演してきたコーネリアスが東京JAZZ初出演!必見!!

コーネリアス

小山田圭吾のソロプロジェクト。1993年、CORNELIUSとして活動開始。現在まで6枚のオリジナルアルバムをリリース。自身の活動以外にも、国内外多数のアーティストとのコラボレーションやリミックス、プロデュースなど幅広く活動中。