Program

the HALL 9/1(Sun) evening
OPEN 17:00 / START 18:00
Avishai Cohen Trio

Avishai Cohen Trio

18:00~ アヴィシャイ・コーエン・トリオ

Israel's proud genius bassist and composer Avishai Cohen brings his trio to TOKYO JAZZ! Chick Corea first discovered this bright comet of a bassist, bursting onto the 90’s New York Jazz scene and producing many stars of such as Mark Guiliana from his own band. Trio members are Mark Guiliana who is one of the world's leading drummers and young pianist from Azerbaijan Elchin Shirinov. Avishai's progressive and ambitious style drives him to continue forward with new challenges. This is a must see performance.

イスラエルが誇る天才ベーシストアヴィシャイ・コーエンが自身のトリオを率いて東 京JAZZにやってきます。チック・コリアに見いだされ90年代のNYジャズシーンに彗星のごとく登場し、自身のバンドからも数々のスターを輩出。脇を固めるのは、現代JAZZシーンで、今 最も注目を集めるドラマー マーク・ジュリアナとアゼルバイジャン出身の若きピアニスト エルチン・シリノフ。
アヴィシャイが誇る最高の布陣で挑む演奏をお楽しみください!

the HALL 9/1(Sun) evening
OPEN 17:00 / START 18:00
Charles Lloyd

Charles Lloyd "Kindred Spirits" featuring Julian Lage, Gerald Clayton, Reuben Rogers, and Eric Harland

12:30~
チャールス・ロイド "Kindred Spirits"
featuring ジュリアン・ラージ、ジェラルド・クレイトン、
ルーベン・ロジャース and エリック・ハーランド

The 81-year-old saxophonist icon with over 60 years in jazz history - Charles Lloyd. Band members Julian Lage, Gerald Clayton, Ruben Rogers, and Eric Harand, each helming their own prolific solo projects in the contemporary jazz world, come together for the first time on stage at TOKYO JAZZ! Witness the legendary performer and his constant pursuit to challenge the ever-changing world of jazz. This is one performance you won’t want to miss!

 御歳81歳、60年以上の活動歴を誇る伝説的サックス奏者、チャールス・ロイド。バンド メンバーにジュリアン・ラージ、ジェラルド・クレイトン、ルーベン・ロジャース、エリック・ハーランドら、それぞれがソロや自身のプロジェクトでも大活躍をする当代屈指の実力派ミュージシャンたちを取り揃えて東京JAZZに初登場!常に挑戦し、変わり続けるレジェンドの演奏を体感してください!

the HALL 9/1(Sun) evening
OPEN 17:00 / START 18:00
Meshell Ndegeocello

Meshell Ndegeocello

12:30~ ミシェル・ンデゲオチェロ

Ndegeocello, whose name means “free like a bird” in Swahili, was born in former West Germany and mainly performs as a solo bassist in the U.S.
In 1994, she appeared on Madonna’s album “Bedtime Stories” and was chosen as the first female “Bassist of the Year” by Bass Player Magazine. She is known to have sessions with the likes of Herbie Hancock and Pat Metheny. Come and witness Ndegeocello’s eclectic style that draws from funk, R&B, Jazz, and rock that has earned her accolades such as a Grammy nomination for her 2018 cover album “Ventriloquism”.

 スワヒリ語で「鳥のように自由」という意味の「ンデゲオチェロ」という名を持ち、旧西ドイツ出身でアメリカを中心に活動する孤高のベーシスト。1994年にはマドンナのアルバムに参加しベース・プレイヤー誌の選ぶ「ベーシスト・オブ・ザ・イヤー」に女性として初めて選出。ハービー・ハンコック、パット・メセニーらとのセッションでも知られ、 2018年発表のカバーアルバム『Ventriloquism』はグラミー賞にノミネートされるなど、ファンク・R&B・ジャズ・ロックなどジャンルを超越した活動を続ける彼女のパフォーマンスを目撃してください!

the HALL 9/1(Sun) evening
OPEN 17:00 / START 18:00
Snarky Puppy

Snarky Puppy

18:00~ スナーキー・パピー

Three time Grammy Award winning group, Snarky Puppy comes to TOKYO JAZZ. A monolithic crossover project led by bassist Michael League that combines jazz, funk, dance, and fusion in which talented musicians are fluidly joined together is now drawing attention around the world. This March marks the release of “Immigrance”, the first album in 3 years. Let yourself go and join one of the hottest groups take you on a musical journey.

 2004年のデビュー以来、3度のグラミー賞に輝くジャズ・コレクティブ、スナーキー・パピーが東京JAZZにやってきます。リーダーのマイケル・リーグを中心に、実力派ミュージシャンが流動的に参加する「不定形」プロジェクトで、彼らのジャズやファンク、ダンス、フュージョンを融合したクロスオーバーサウンドは、いま世界中で注目されています。 今年4月に発売した3年ぶりのアルバム『Immigrance』も大注目の音楽集団、そのサウンドに身を委ねてください!

the HALL 9/1(Sun) evening
OPEN 17:00 / START 18:00
The Chick Corea Akoustic Band <br>with John Patitucci and Dave Weckl

The Chick Corea Akoustic Band
with John Patitucci and Dave Weckl

19:50~
チック・コリア・アコースティック・バンド
with ジョン・パティトゥッチ and デイヴ・ウェックル

The legendary pianist known for hits such as “Spain” and “La Fiesta” who revolutionized the history of jazz brings his bands to make his mark at TOKYO JAZZ. The Akoustic Band reunites after 20 years with original members John Patitucci and Dave Weckl. In addition, the Elektric Band will also appear on another day with powerhouse members Frank Gambale and Eric Marienthal. A dream-like performance where you can enjoy both bands without having to make a decision!

名曲「スペイン」「ラ・フィエスタ」の名を挙げるまでもなく、ジャズ史に数々の革命を起こしてきたレジェンド、チック・コリアが自身のバンドを引き連れて東京JAZZに登場します。アコースティック・バンドは、ジョン・パティトゥッチとデイヴ・ウェックルというオリジナルメンバーで20年ぶりに再始動。翌9月1日にはエレクトリック・バンドも登場。迷ったらどちらも楽しめる夢の公演が実現します!

the HALL 9/1(Sun) evening
OPEN 17:00 / START 18:00
The Chick Corea Elektric Band<br>with Frank Gambale, Eric Marienthal,<br>John Patitucci and Dave Weckl

The Chick Corea Elektric Band
with Frank Gambale, Eric Marienthal,
John Patitucci and Dave Weckl

19:50~
チック・コリア・エレクトリック・バンド
withフランク・ギャンバレ、エリック・マリエンサル、
ジョン・パティトゥッチ and デイヴ・ウェックル

The legendary pianist revolutionized the history of jazz brings his bands to make his mark at TOKYO JAZZ. The Akoustic Band with original members. In addition, the Elektric Band will appear with members John Patitucci, Dave Weckl, Frank Gambale and Eric Marienthal. A dream-like performance of two bands will be realized in Japan since 1992.

ジャズ史に数々の革命を起こしてきたレジェンド、チック・コリアが自身のバンドを引き連れて東京JAZZに登場します。アコースティック・バンドのオリジナルメンバーである、ジョン・パティトゥッチとデイヴ・ウェックル。そこに、フランク・ギャンバレ、エリック・マリエンサルという強力なアーティストが加わったエレクトリック・バンドが来日です。1度の来日時に2つのバンドの公演を行うのは実に27年ぶりです!

the HALL 9/1(Sun) evening
OPEN 17:00 / START 18:00
Kamasi Washington

Kamasi Washington

14:20~ カマシ・ワシントン

Representing the LA jazz scene on the saxophone, Kamasi Washington doesn’t just stop there. With collaborations including Thundercat and Kendrik Lamar, Washington is a key person leading a new generation of jazz - awaiting his next challenge at TOKYO JAZZ. “The Epic”, released in 2015, received overwhelming response as one of the best works of the year, and in 2018, “Heaven & Earth”, he captured audiences with a transcending, well-honed sound. Experience the true contemporary jazz and watch the future unfold before you.

 LAジャズを代表するサックス奏者でありながら、その活動はジャズのみに留まらず、サンダーキャットやケンドリック・ラマーとの活動で新世代ミュージックシーンを牽引し続けるキーパーソン、カマシ・ワシントンが遂に東京JAZZに参戦します。 2015年に発表した『The Epic』はその年の最優秀作品の1つとして圧倒的な反響を得て、2018年の『Heaven & Earth』ではその研ぎ澄まされたサウンドでジャンルを超えた多くの観客を魅了しました。
ジャズの「現代」と、音楽の「未来」を感じるステージが繰り広げられます!

the HALL 9/1(Sun) evening
OPEN 17:00 / START 18:00
MISIA × Takuya Kuroda

MISIA × Takuya Kuroda

14:10~ MISIA × 黒田卓也

Since her debut in 1998, MISIA has captivated audiences both inside and outside Japan with her powerful voice and infectious groove, and this year will be her first show at TOKYO JAZZ! In 2016, she began working on JAZZ SESSION with New York based trumpeter Kuroda Takuya. Her live performance in 2018 at Blue Note Tokyo was broadcast in 8K with 22.2 multichannel sound system, garnering much attention and creating new fans. TOKYO JAZZ brings you the transformative soulful singing voice of MISIA and the polished performance of the Takuya Kuroda's music at unparalleled quality.

 1998年のデビュー以来、圧倒的な歌声とグルーヴ感で日本のみならず国際的に活躍する歌手・MISIAが東京JAZZに初登場!ニューヨークを拠点に世界中で活躍するトランペッター・黒田卓也とのセッションは2016年に初めて実現。デビュー20周年となる2018年にブルーノート東京で行われたスペシャルライブは、高画質8K&迫力の22.2chでオンエアされ話題を集めました。MISIAの変幻自在でソウルフルな歌声と、黒田卓也率いるバンドによる磨きのかかった演奏。極上のサウンドをお届けします!